MENU

【雇用形態】ヨガインストラクターとして業務委託で働く。成功するために求められるスキルを知ろう

【雇用形態】ヨガインストラクターとして業務委託で働く。成功するために求められるスキルを知ろう

ヨガは、近年ますます人気が高まっているエクササイズです。

その影響もあり、ヨガインストラクターの需要も高まっています。

ヨガインストラクターとして働く方法は様々あり、その中でも近年注目されているのが「業務委託」という働き方です。

そこで今回は、「業務委託」という働き方に関する情報を、以下の3つのトピックに分けて解説していきます。

ヨガのインストラクターという仕事に興味のある方・資格取得後にどう就職活動をしたらよいか分からず、最初の一歩が踏み出せない方などに向け、少しでも参考になる記事になっていると幸いです。

目次

業務委託が主流になる?求められるスキルを知って自分らしく働こう

業務委託が主流になる?求められるスキルを知って自分らしく働こう

業務委託とは、依頼者であるヨガスタジオと受託者である個人が契約を結び、受託者が依頼者の指示に従って業務を行う形態です。正社員やアルバイトとは異なり、受託者は個人事業主として働くことになります。現在インストラクターとして活躍している方の多くは、正社員または業務委託による雇用形態です。

自身の都合に合わせて時間割を決めることができるなどの自由度の高さが特徴ですが、一方で縛りがないことによるデメリットも多く存在します。以下、メリット・デメリットを詳しく紹介していきましょう。

業務委託として働くメリットは大きく3つ

ヨガインストラクターとして業務委託で働くメリットは、主に以下の点が挙げられます。

  • 働き方の自由度が高い

業務委託の場合、勤務時間や場所を自分で決めることができます。そのため、自分のライフスタイルに合わせて働くことが可能です。例えば、主婦や学生など、他の仕事や学業と両立させたい人にとっては、非常に魅力的な働き方と言えるでしょう。

  • 収入の可能性が高い

業務委託の場合、報酬はレッスン数や時間数に応じて支払われます。そのため、多くのレッスンを担当すればするほど、収入を増やすことができます。また、経験やスキルに応じて報酬をアップさせることも可能です。

  • 人間関係のストレスが少ない

業務委託の場合、基本的に一人で仕事をすることになります。そのため、職場の人間関係のストレスを感じる心配がありません。

業務委託として働くデメリットは大きく3つ

一方、ヨガインストラクターとしての業務委託には、以下のようなデメリットもあります。

  • 収入が不安定

業務委託の場合、報酬はレッスン数や時間数に応じて支払われるため、収入が不安定になる可能性があります。特に、ヨガインストラクターとしてまだ経験が浅い場合や、人気のあるスタジオでレッスンを担当できない場合は、収入が低くなる可能性があります。

  • 社会保険に加入できない

業務委託の場合、原則として社会保険に加入することができません。そのため、健康保険や厚生年金などの制度を受けることができません。

  • 自分で営業活動を行う必要がある

業務委託の場合、自分で営業活動を行う必要があります。そのため、集客力がない場合は、レッスンを担当することが難しくなる可能性があります。

ヨガインストラクターとして業務委託で成功するための秘訣

ヨガインストラクターとして業務委託で成功するための秘訣

ヨガインストラクターとして業務委託で成功するためには、以下の点に注意することが重要です。

  • ヨガの指導スキルを磨く

ヨガインストラクターとして業務委託で成功するためには、まずヨガの指導スキルを磨くことが重要です。ヨガの知識や技術はもちろんのこと、わかりやすく丁寧な指導ができるようにする必要があります。

  • 集客力を高める

ヨガインストラクターとして業務委託で成功するためには、集客力を高めることも重要です。そのため、ホームページやSNSなどを活用して、積極的に自分自身をアピールする必要があります。

  • 人脈を築く

ヨガインストラクターとして業務委託で成功するためには、人脈を築くことも重要です。ヨガ関連のイベントに参加したり、他のヨガインストラクターと交流したりすることで、人脈を広げることができます。

上記の内容に加え、ヨガインストラクターとして業務委託で成功するためには、以下の点にも注意すると良いでしょう。

  • 専門性を高める

ヨガには様々な種類があり、それぞれに異なる効果や特徴があります。特定のヨガに特化して専門性を高めることで、より多くの生徒を集めることができます。例えば、産後の女性向けのヨガ、高齢者向けのヨガ、アスリート向けのヨガなど、ニーズに合わせたヨガを提供することができます。

  • オンラインレッスンを取り入れる

近年、オンラインでのヨガレッスンが人気が高まっています。オンラインレッスンを取り入れることで、場所や時間に縛られずにレッスンを受けることができるため、より多くの人にヨガを提供することができます。また、録画配信することで、時間や場所を選ばずにレッスンを受けることができます。

  • コラボレーション企画を行う

他のヨガインストラクターやスタジオとコラボレーション企画を行うことで、集客効果を高めることができます。例えば、共同でのワークショップを開催したり、お互いのスタジオでレッスンを行ったりすることができます。

  • 常に最新の情報を取り入れる

ヨガ業界は常に新しい情報が発信されています。ヨガに関する書籍や雑誌を読んだり、ヨガ関連のセミナーやワークショップに参加したりすることで、常に最新の情報を取り入れるようにしましょう。

  • 継続的に学び続ける

ヨガインストラクターとして成長するためには、継続的に学び続けることが重要です。ヨガの指導スキルはもちろんのこと、解剖学や生理学、心理学などの知識を深めることで、より質の高いレッスンを提供することができます。

よくある質問

ではここで、実際にヨガインストラクター養成スクールに届いていた、「業務委託」に関するよくある質問の一部をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ヨガインストラクターとしての業務委託に必要な資格はありますか?

ヨガインストラクターとしての業務委託に必須の資格はありません。しかし、ヨガ指導に関する資格を持っている方が、より多くのスタジオや生徒から信頼を得ることができます。代表的な資格としては、以下のものがあります。

  • 全米ヨガアライアンス(RYT)
  • 日本ヨガインストラクター協会(Jヨガ)

これらの資格は、ヨガの指導に必要な知識や技術を学ぶことができます。

また、資格を取得していることが学んだ知識や技術の証明にもなるため、スタジオや生徒から信頼を得やすくなります。

ヨガインストラクターとしての業務委託でどれくらい稼ぐことができますか?

ヨガインストラクターとしての業務委託で稼げる金額は、経験やスキル、担当するレッスン数や時間数、勤務するスタジオや地域によって異なります。一般的には、1レッスンあたり3,000円~5,000円程度が相場と言われています。経験やスキルが豊富な場合は、1レッスンあたり1万円以上稼ぐことも可能です。

詳しくは、「【給料】年収400万超えも夢じゃない?ヨガインストラクターの収入を3つの側面から徹底解説」をご覧ください。

ヨガインストラクターとしての業務委託で働くにはどうすればよいですか?

ヨガインストラクターとしての業務委託で働くには、ヨガスタジオやヨガ関連の企業に直接営業するのが一般的です。また、ヨガ関連の求人サイトやSNSで求人を探してみるのも良いでしょう。

営業する際には、

  • 自分のヨガの指導スキル
  • 集客力
  • 人脈

などをアピールすることが重要です。

また、

  • ヨガに関する資格
  • 経験
  • スキル

などを証明する書類があると、より有利に営業することができます。

まとめ

この記事では、「業務委託」という働き方に関する情報を、3つのトピックに分けて解説しました。

ではここで、本記事のポイントをまとめ、復習してみましょう。

  • 業務委託という働き方は、自由度の高さや高収入の可能性があるといったメリットがある半面で、収入が不安定であったり社会保険に加入できないなどのデメリットも存在する。
  • 業務委託のインストラクターとして成功するためには、常に最新の情報を取り入れて自身の技術と知識を磨くことや、人脈を築き集客力を高めるなどの努力が必要である。
  • よくある質問

ヨガインストラクターとしての業務委託は、働き方の自由度が高い、収入の可能性が高い、人間関係のストレスが少ないといったメリットがある一方で、収入が不安定、社会保険に加入できない、自分で営業活動を行う必要があるといったデメリットもあります。しかし、上記のような点に注意することで、ヨガインストラクターとして業務委託で成功することは十分可能です。

ヨガが好きで、人の役に立ちたいという気持ちがある人であれば、ヨガインストラクターとして業務委託は非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

この記事が、業務委託でヨガインストラクターとして働きたいと考えている人にとって、役立つ情報となることを願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次