MENU

【未経験から】ヨガの奥深い魅力とやりがい、そしてインストラクターを目指すための道

【未経験から】ヨガの奥深い魅力とやりがい、そしてインストラクターを目指すための道

近年、ヨガは日本でもすっかり定着し、多くの人が健康増進や心身の癒しを求めてヨガスタジオに通っています。

その一方で、ヨガの指導者である「ヨガインストラクター」という職業も注目を集めています。

しかし、ヨガインストラクターの仕事内容や求められるスキル、資格取得方法など、具体的にどのようなものなのか分からない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ヨガインストラクターという仕事の魅力とやりがい、そして未経験から目指すための道について、以下の3つのトピックに分けて詳しく解説しています。

目次

指導だけではない!ヨガインストラクターの仕事内容は多岐にわたる

ヨガインストラクターとは、ヨガの指導を行う専門家のことです。ヨガスタジオやスポーツジム、カルチャーセンターなどで、ヨガのポーズ(アーサナ)や呼吸法(プラナヤーマ)、瞑想などを指導します。

ヨガインストラクターの仕事内容は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

  • ヨガの指導

グループレッスンやプライベートレッスンを行い、参加者にヨガのポーズや呼吸法、瞑想などを指導します。

  • レッスン準備

レッスンのテーマや内容を企画し、必要な資料や音楽などを準備します。

  • スタジオ運営

集客やスタジオの受付業務や清掃、事務作業などを担当する場合もあります。

ヨガインストラクターという仕事は、ヨガの指導だけではなく、集客や生徒管理といった事務作業も多く仕事内容に含まれています。雇用形態によって担う業務範囲は変わりますが、現在ヨガインストラクターとして活躍する人の多くが正社員か業務委託という形態で働いています。業務委託として働く場合の仕事内容等は、「【雇用形態】ヨガインストラクターとして業務委託で働く。成功するために求められるスキルを知ろう」で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

ヨガインストラクターの魅力を深堀りしてみよう

ヨガインストラクターの魅力を深堀りしてみよう

ヨガインストラクターという仕事には、次のような魅力が挙げられます。

  • 人の健康や心身のケアに貢献できる

ヨガは、心身の健康増進やストレス解消、リラックス効果などに役立つと言われています。ヨガインストラクターとして、多くの人々の健康や心身のケアに貢献できることは、大きな喜びと達成感へと繋がることでしょう。

  • 常に学び続けることができる

ヨガは奥深い学問であり、常に新しい知識や技術を学ぶことができます。また、生徒から学べることも多く、ヨガインストラクターとして、人として学び続けることで、自分自身の成長を感じられるはずです。

  • 人と関わる仕事

ヨガのレッスンを通して、多くの人々と出会い、交流することができます。人と関わる仕事が好きな方にとって、ヨガインストラクターは魅力的な仕事と言えるでしょう。

  • 働き方の自由度が高い

ヨガインストラクターは、フリーランスとして活動したり、ヨガスタジオに勤務したりと、働き方の自由度が高いのが特徴です。自分のライフスタイルに合わせて働き方を選択することができます。

人相手の仕事ならではのやりがい

ヨガインストラクターの仕事には、以下のようなやりがいが挙げられます。

  • 参加者がヨガを通して心身ともに変化していくのを見られる

レッスンを通して、参加者がヨガの効果を実感し、心身ともに変化していくのを見られることは、ヨガインストラクターにとって大きな喜びとなるでしょう。

  • 感謝の言葉をいただける

レッスン後に参加者から感謝の言葉をいただけると、ヨガインストラクターとしてやりがいを感じることができます。

  • 自分自身のヨガの練習にも励むことができる

ヨガインストラクターとして活動するためには、自分自身も日々ヨガの練習を続ける必要があります。日々の練習を通して、自分自身の心身の健康を維持することができます。

  • ヨガを通じて社会に貢献できる

ヨガは、心身の健康だけでなく、環境問題や社会問題にも貢献できる可能性があります。ヨガインストラクターとして、ヨガの力を社会に広めていくことは、大きなやりがいとなるでしょう。

ヨガインストラクターという仕事は、人々の健康に直接関わることができる仕事です。生徒の成長を近くで見ることができ、やりがいも感じやすい仕事です。また、常に学び続ける環境に身を置くことは自信にも繋がり、生徒だけではなく自身の生活にもいい影響を与えることでしょう。人と関わることが好きな人にとっては、ヨガインストラクターという仕事は天職であり、働きながら私生活を豊かにできる仕事として、強くおすすめします。

ヨガインストラクターになるための手段は大きく2つ

ヨガインストラクターになるための手段は大きく2つ

ヨガインストラクターになるためには、以下の2つの方法があります。

  • ヨガインストラクター養成講座を受講する

ヨガインストラクター養成講座では、ヨガの基礎知識や指導方法などを学ぶことができます。講座の修了後には、ヨガインストラクターの資格を取得することができます。

  • 独学で学ぶ

ヨガに関する書籍や動画などを参考に、独学でヨガの知識や指導方法を学ぶことも可能です。ただし、独学で学ぶ場合は、体系的に学ぶことが難しいため、ヨガインストラクター養成講座を受講するよりも時間がかかる場合が多いです。

独学で学ぶ場合、実技面の習得が自己流になることが多くあります。いざ認定試験に挑むと、実技試験で落とされることもしばしば…。より確実に、より正確に資格を取得したいと考えるなら、ヨガインストラクター養成講座を受講すると良いでしょう。

ヨガインストラクターを目指すなら取得しておきたい資格

ヨガインストラクターの資格は、民間の団体が独自に認定しているものがほとんどです。代表的な資格としては、以下のものがあります。

  • 全米ヨガアライアンス(RYT)

世界最大級のヨガ団体が認定する資格です。200時間、300時間、500時間などのレベルがあり、それぞれ取得に必要な研修時間や試験内容が異なります。

  • 一般社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)

日本国内で最も歴史のあるヨガ団体が認定する資格です。初級、中級、上級などのレベルがあり、それぞれ取得に必要な研修時間や試験内容が異なります。

  • NPO法人日本ヨガ連盟認定資格

ヨガインストラクター養成講座を修了し、認定試験に合格することで取得できます。初心者から受講が可能な内容となっており、取得後はNPO法人の会員として活躍できる内容となっています。

ここで差がつく!資格以外に求められるスキルも確認しよう

ヨガインストラクターとして活躍するためには、以下のスキルが必要です。

ヨガの知識

ヨガの歴史や哲学、解剖学、生理学、アーサナ、プラナヤーマ、瞑想など、ヨガに関する幅広い知識が必要です。

指導力

参加者のレベルや体力に合わせて、分かりやすく丁寧な指導を行う必要があります。

コミュニケーション能力

参加者とのコミュニケーションを円滑に取る必要があります。

観察力

参加者の様子を観察し、適切なアドバイスを行う必要があります。

ホスピタリティ

参加者に気持ちよくレッスンを受けていただけるよう、ホスピタリティの高い対応が必要です。

向上心

常に新しい知識や技術を学び続ける向上心が必要です。

ヨガインストラクターとして活躍していくために

ヨガインストラクターとして活躍していくために

ヨガインストラクターとして活躍するためには、まずは最初のステップとして以下の点を意識することが大切です。

常に学び続ける

ヨガは奥深い学問であり、常に新しい知識や技術を学ぶ必要があります。ヨガに関する書籍を読んだり、ワークショップに参加したり、他のヨガインストラクターと交流したりして、学び続けることが大切です。

自身の練習を積み重ねる

ヨガインストラクターとして説得力のある指導を行うためには、自分自身も日々ヨガの練習を積み重ねることが大切です。

参加者とのコミュニケーションを大切にする

参加者とのコミュニケーションを円滑に取ることで、より効果的な指導を行うことができます。

様々なヨガのスタイルを学ぶ

ヨガには様々なスタイルがあります。様々なスタイルのヨガを学ぶことで、より多くの参加者に対応することができます。

自身の専門性を磨く

ヨガに関する特定の分野に特化して専門性を磨くことも、ヨガインストラクターとして活躍するための方法の一つです。

成功するための秘訣を意識して行動しよう

ヨガインストラクターとして人気を集め、成功していくためには、以下の秘訣があります。

  • 情熱を持つ

ヨガへの情熱を持ち、常に学び続ける姿勢が大切です。

  • 顧客満足度を意識する

参加者に満足度の高いレッスンを提供することが、成功の鍵となります。

  • 積極的に活動する

ヨガスタジオやイベントなどに積極的に参加し、自分をアピールすることが大切です。

  • ネットワークを築く

他のヨガインストラクターやヨガ関連事業者とのネットワークを築くことも重要です。

ヨガインストラクターの給料事情

ヨガインストラクターの年収は、勤務先や経験、資格、担当するクラスの数などによって大きく異なります。一般的には、300万円~500万円程度と言われています。

年収に関する情報は、「【給料】年収400万超えも夢じゃない?ヨガインストラクターの収入を3つの側面から徹底解説」からご覧いただけます。

ヨガインストラクターになるために注意したいこと

ヨガインストラクターになるためには、以下の点に注意する必要があります。

  • 競争が激しい

ヨガインストラクターは、近年人気が高まっており、競争が激しい職業です。ヨガインストラクターとして活躍するためには、高いスキルと経験が必要です。

  • 収入が不安定

ヨガインストラクターは、フリーランスや業務委託で活動する場合が多いため、収入が不安定になる可能性があります。

  • 体力が必要

ヨガのレッスンは、長時間にわたって立ち続けるため、体力が必要です。

まとめ

この記事では、ヨガインストラクターという仕事の魅力とやりがい、そして目指すための道について、3つのトピックに分けて解説しました。

ではここで、本記事のポイントをまとめ、復習してみましょう。

  • ヨガインストラクターという仕事は、人々の健康に直接関わることができたり、自身の成長を感じられるなどの魅力が多く、やりがいも感じやすい。
  • ヨガインストラクターを目指すなら、養成講座を受講することが望ましく、資格以外のスキル面でインストラクターとしての人気に差がつく。
  • ヨガインストラクターとして活躍し、人気を集めるためには、常にポイントを意識しながら行動すると良い。

ヨガインストラクターは、人の健康や心身のケアに貢献できる、奥深く魅力的な仕事です。ヨガへの情熱を持ち、常に学び続ける姿勢があれば、ヨガインストラクターとして成功する可能性が大きくなります。

この記事を通して、ヨガインストラクターという仕事の魅力とやりがい、そして目指すための道について、幅広く深く理解していただければ幸いです。

あなたもヨガインストラクターという仕事を通して、心と体を満たし、多くの人々の健康と幸せに貢献してみませんか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次