MENU

【給料】年収400万超えも夢じゃない?ヨガインストラクターの収入を3つの側面から徹底解説

【給料】年収400万超えも夢じゃない?ヨガインストラクターの収入を3つの側面から徹底解説

近年、ヨガは健康志向の高まりから人気が急上昇しており、ヨガインストラクターの需要も高まっています。

しかし、ヨガインストラクターの給料はいくらくらいなのか、どのような働き方があるのか、資格は必要なのかなど、疑問に思うことも多いでしょう。

この記事では、ヨガインストラクターの給料について、年収、働き方、資格、地域、経験、副業まで、幅広い内容で徹底解剖します。ヨガインストラクターを目指す方、現在の収入に満足していない方、キャリアアップを目指している方にとって、役立つ情報を以下の3つに分けて解説しています。

給料面で不安や悩みがある方にとって、この記事が役に立つと幸いです。

目次

ヨガインストラクターの給料を左右する要因は大きく4つ

ヨガインストラクターの給料を左右する要因は大きく4つ

ヨガインストラクターの平均年収は約290万円~400万円と言われています。しかし、これはあくまでも平均値であり、実際の収入は働き方や経験、地域、スタジオの規模などによって大きく異なります。

働き方による違い

ヨガインストラクターの働き方には、大きく分けて4種類あります。

  • 正社員

ヨガスタジオやフィットネスクラブなどに勤務し、固定給で働く方法です。月給は20万円~50万円程度で、経験や資格、スタジオの地域や規模によって変動します。

  1. 業務委託

スタジオと委託契約を結び、レッスンを行う方法です。1レッスンあたりの単価は3,000円~5,000円が相場ですが、人気のあるインストラクターであれば1万円以上稼ぐことも可能です。収入はレッスン数によって変動するため、安定した収入を得るのは難しい場合があります。

  1. フリーランス

企業やイベントなどに出向いてヨガレッスンを提供する方法です。1回あたりの単価は5,000円~1万円程度ですが、レッスン数や移動距離によって変動します。

  1. 独立開業

自身のスタジオを持ち、指導だけでなく経営も行う働き方です。収入も完全出来制となります。

経験による違い

ヨガインストラクターの経験も、収入に大きく影響します。一般的に、経験が豊富で人気のあるインストラクターほど、高収入を得ることができます。

  • 未経験

月給20~25万円程度

  • 1~3年

月給+5万円程度

  • 3~5年

月給+10万円程度

  • 5年~

月給+15万円程度

地域による違い

ヨガインストラクターの収入は、地域によっても異なります。一般的に、都市部の方が地方よりも収入が高くなります。

  • 東京

月給25~40万円程度

  • 大阪

月給20~35万円程度

  • 名古屋

月給20~30万円程度

  • 福岡

月給20~30万円程度

  • 札幌

月給20~25万円程度

スタジオの規模による違い

ヨガインストラクターの収入は、スタジオの規模によっても異なります。一般的に、大規模なスタジオの方が小規模なスタジオよりも収入が高くなります。

  • 大規模スタジオ

月給25~40万円程度

  • 中規模スタジオ

月給20~35万円程度

  • 小規模スタジオ

月給20~30万円程度

ヨガインストラクターの資格

ヨガインストラクターになるために、必須の資格はありません。しかし、資格を持っている方が、就職や転職に有利になる場合が多いです。

代表的なヨガインストラクターの資格としては、以下のようなものがあります。

  • 全米ヨガアライアンス(RYT)

世界で最も権威のあるヨガインストラクターの資格です。200時間、500時間、300時間など、さまざまなレベルの資格があります。現在ヨガインストラクターとして働く方のほとんどがRYT200の保持者です。

  • 各団体発行資格

一般社団法人等が発行する民間資格です。代表的な団体では、日本ヨガインストラクター協会(Jヨガ) 、国際ホリスティックセラピー協会(IHTA)などがあります。シニアヨガやマタニティヨガなど、一般的なヨガインストラクター知識の他、併せて取得をする資格も多くあります。RYT保持者との差別化や、介護施設や外部イベントなどへのオファーへ繋がるとして、近年取得する人が増えてきています。

ヨガインストラクターの注意点

ヨガインストラクターの注意点

ヨガインストラクターの仕事は、以下のような注意点があります。

  • 収入が不安定

フリーランスの場合は、収入が不安定になる場合があります。

  • 体力が必要

ヨガのポーズを実演したり、生徒をサポートしたりするため、体力が必要です。

  • 競争が激しい

ヨガインストラクターは、競争が激しい職業です。

ヨガインストラクターとして成功するためのポイント

ヨガインストラクターとして成功するためには、以下のポイントが重要です。

  • ヨガの知識と技術を磨く

ヨガのポーズや呼吸法に関する知識と技術を磨き続ける必要があります。

  • コミュニケーション能力を磨く

生徒とのコミュニケーションを円滑に取るために、コミュニケーション能力を磨く必要があります。

  • マーケティング能力を磨く

フリーランスの場合は、自分自身を売り込むために、マーケティング能力を磨く必要があります。正社員や業務委託の場合であっても、自身で発信を続け、生徒に通い続けてもらう努力をしなければなりません。

ヨガインストラクターは将来性の高い仕事

ヨガは、近年ますます人気が高まっており、今後もその人気は続くことが予想されます。そのため、ヨガインストラクターの需要も今後も高まっていくと考えられます。

心身の健康を促すヨガインストラクターは、やりがいのある仕事であり、将来性も高い仕事です。ヨガに興味がある方、人の健康をサポートしたい方、自分自身で起業したい方にとって、おすすめの職業と言えるでしょう。

まとめ

この記事では、ヨガインストラクターの給料について、3つの側面から解剖し解説しました。

給料事情に関する疑問や悩みに少しでも役立っていたでしょうか?

ではここで、本記事のポイントをまとめて復習してみましょう。

  • ヨガインストラクターの給料は、「働き方」「経験」「地域」「スタジオ規模」によって左右される。
  • ヨガインストラクター資格と言われるものは、主に2つ。現インストラクターの保持率が最も高い全米ヨガアライアンスと、活躍の幅を広げる目的で取得を検討する人が多い、その他資格発行団体による認定資格である。
  • ヨガインストラクターという仕事は将来性が高い。成功するには、ヨガ技術を磨くだけでなく、コミュニケーション能力や自己プロデュース力なども培う必要がある。

ヨガインストラクターは、やりがいのある仕事ですが、収入が不安定であったり、競争が激しかったりといった注意点もあります。ヨガインストラクターを目指す場合は、これらの点を踏まえ、しっかりと準備をすることが大切です。

給料面に懸念を感じ、一歩踏み出せずにいる方は、他のインストラクターとの差別化を徹底的に行うことを意識しましょう。

例えば、RYT資格の取得と同時にマタニティヨガやシニアヨガなどの多種多様な生徒に対応できる資格を取得することです。基礎知識は同じなので、モチベーションが高いうちに幅広い知識を身に着けておくことで、活躍の幅が広がるかもしれません。

また別の例は、SNSマーケティングに関する知識を学ぶことです。せっかく資格を取得しても、集客することができなければ元も子もありません。最近は、SNSへの投稿頻度や魅せ方などはYouTube等の無料配信サイトで学ぶことができます。フォロワーの増やし方や、マネタイズ方法など、チェックしてみると良いでしょう。

ヨガインストラクターの給料は様々な要因によって左右されますが、努力次第で活躍の幅を広げることができる可能性に溢れた仕事です。ぜひ興味のある方は、挑戦してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次